疲労感と倦怠感を感じるときには

疲れとは 毎日の生活の中で、疲労は溜まるいっぽうですよね。疲労感は翌日まで持ち越さないことが大切です。人間は、歳をとると筋肉量が低下し、代謝が落ちてきます。そうすると体内の余分な老廃物などをうまく除去できなくなり、疲労感、倦怠感が現れやすくなります。

整体では、身体のゆがみを治すことで筋肉の働きがスムーズになり、体内の血流が改善されます。それだけでなく、代謝やデトックスも活発になり、自律神経が整うのです。 昔から、「病は気から」という言葉が指すように気力と体力は連動しています。

体力すなわち、免疫力を高めることで、疲労感や倦怠感を除去できるのです。 免疫力は、自律神経と密接に関わっています。整体により、自律神経が整うとリンパの働きが活発になり免疫力がアップします。そうすることで、インフルエンザや病気に打ち勝つ、強い身体を手に入れることができるのです。