整体と免疫力のメカニズム

免疫とは 皆さんは、免疫力という言葉を聞いたことがあると思います。免疫力とは、簡単にいうと外から体内に入ってきた病原菌やウイルスを退治する能力のことです。

人間は、たくさんの細胞から成り立っています。その細胞は、自分自身とそうでない他の細胞とを区別し、認識する事が出来ます。 もし仮に、なんらかの異物が体内に侵入してこようとするものなら、たちまち免疫細胞が、悪い異物を退治してくれます。

私たちが、何事もなく生活していられるのも、免疫細胞のおかげです。もし、免疫細胞が弱ってしまったり、異常が起きたりしてしまえば、病原菌やウイルスによって、人間自身が死んでしまうかもしれないのです。

免疫力は、なぜ低下するのか

  • ストレス
  • 加齢によるもの
  • 悪い生活習慣

以上のようなことが挙げられます。ストレスは、現代の社会において切っては切り離せないものとなっています。このストレスが溜まると、人間は自律神経に失調をきたします。

自律神経は、免疫のバランスを整える働きをするので、免疫細胞は最適なバランスを失い免疫力が低下してしまうのです。 つぎに、加齢によるものですが、人間の免疫力は、20歳頃をピークにだんだんと免疫力がさがっていきます。

特に高齢者は、免疫力が下がり病気や細菌に感染しやすくなります。また、乳幼児も免疫力が低いので病気にかかりやすい傾向にあります。 整体では、身体のゆがみを治すことができますが、同時にリンパの流れもよくしてくれます。そうすると、自律神経やホルモンバランスも整い免疫力がアップするのです。