更年期障害とそのメカニズム

更年期障害とは 4、50代の女性の悩みで、多いものの中に更年期障害があります。更年期障害は、女性ホルモンの働きがおかしくなることで引き起こされます。

主に動悸、イライラ、不眠、頭痛などの症状があらわれてきます。こういった症状は、自律神経失調症とも似てきます。ホルモンバランスというものは、自律神経の働きによって制御されています。

したがって、自律神経が狂うとホルモンの働きまで影響を受けるのです。 整体では、身体のバランスを整えることができます。例えば、骨盤や首のゆがみを治すだけでも、自律神経によい影響を与えてくれるのです。

自律神経が整うと、ホルモンバランスが正常になり気力や免疫力、そして更年期障害の症状を改善することができるのです。